新築の戸建てはどのくらいの費用が必要なのか

新築で家を建てるときにかかる費用は?相場や内訳を解説

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

相場を知って賢く新築一戸建てを入手しよう

自分たちで自由に住宅の内装や外装を決められるというのが、注文住宅のメリットです。 注文住宅は建売住宅に比べて自由になるぶん、費用が高くなると覚えておきましょう。 どのくらいなのか相場を知り、なぜそこまで高くなるのか費用の内訳を調べるのがおすすめです。

デザインを自由に決められるのが新築住宅

注文住宅にした場合は、土地代も含めて4200万円前後、建売住宅は3500万円前後が相場です。
土地代には不動産売買契約書への印紙代や、不動産屋に支払う仲介手数料も含まれています。
注文住宅にした時の工事費用の内訳は、本体工事費、別途工事費、地鎮祭の費用となっています。
そして住宅ローンや登録免許税などの、諸経費も内訳に含まれると覚えておきましょう。

注文住宅で費用を安く抑えたい人は、なるべく安い土地を探して購入してください。
駅から離れていたり、斜面にあったりする土地は安く売られているケースが多く、費用削減に効果的です。
また必要な機能だけを搭載した、シンプルな住宅を目指しましょう。
デザインを考える時に楽しくなって、たくさんの機能を追加してしまう人がいます。
たくさん追加したものをそのまま業者に見せないで、後からもう1回見直すことをおすすめします。
冷静に設計図を見直すことで、やはりいらない機能だと感じるかもしれません。

いきなりこの業者にすると決めず、複数の業者に見積もりを聞きましょう。
全く同じ条件でも、業者ごとに料金が微妙に変わり、見積もりを聞けばそれだけ安く済ませられるところが見つかります。
実力や経験を妥協して、最も安い業者に依頼することは控えてください。
安いだけの業者ではミスが起こったり、希望通りに住宅を作ってくれなかったりするトラブルが起こる場合があります。
アフターサービスの内容なども含めて、チェックしましょう。

土地を決める際のコツ

注文住宅にしたいけれど、費用が高いので迷っている人が見られます。 工夫すれば安く抑えられるので、まだ諦めないでください。 ポイントは安い土地を買うことと、付加機能を搭載しすぎないことです。 デザインを決める時は、本当に必要な機能なのか判断しましょう。

見積もりを聞いてから判断しよう

必ず見積もりを聞いた上で、注文住宅作りを任せる業者を決めてください。 複数の業者に見積もりを聞くと結果を比較でき、安い業者を選びやすいです。 安いだけの業者は怪しいので避けたほうが無難です。 実力や経験を持っていることも条件に含め、尚且つ安い業者がベストです。